夜間陰茎勃起現象は男性の大人になった証拠

朝立ちという言葉を聞いたことがあるかと思います。

しかし具体的にはどのような状況なのか知らない人の方が多いでしょう。

男性でしたら大半の人が経験しているかもしれないのですが、朝立ちは、性的な興奮をしたときの勃起、自意識によるものとは関係なく、生理現象として朝に発現します。

ペニスの健康維持にとても重要なこととされています。

朝起きたときだけに発生しているのですが、起床時に勃起していることをこのように読んでいるのです。

実は正式な名前は別にあります。

それは夜間陰茎勃起現象という名前が付いています。

寝ているときに勃起が起きれば夜立ちということになり、朝睡眠をして目が覚めたとき前維持されているから朝になっているのです。
寝ているときは体は休んでいても実は脳が活発に動いている時間帯があります。

これは浅い眠りです。

体も脳も休んでいる深い眠りもあるのですが、このリズムが実は一晩の睡眠で4回から5回繰り返されている特徴があります。

そして眠りが浅ければ神経の中でも特定の神経が刺激されるので、それによって勃起が発現します。

実は知られていないかもしれませんが、健康な男性なら睡眠しているときの勃起は1回に4-8回程度あると言われています。

寝ている間でも気がついていないだけで、何回も勃起しているのです。

勃起でペニスに有る海綿体に新鮮な血液がどんどん送り込まれていきます。

筋肉が柔軟に動くことも維持されます。

つまりこれはペニスが健康である証拠なのです。

これは仕方がないことではありますが、健康な証拠なので安心していいでしょう。

年齢により回数は変わりますが年齢を重ねる事に頻繁になる特徴もあります。

ですが、30歳前後になるとだんだん回数が減ると言われているので、その辺を堺にこれまで増えていた朝の勃起は減ってくると言えるでしょう。

睡眠時間やホルモンの分泌料なども関係して影響があるので、疲れがたまっている場合には、しないこともあります。

体調が悪い日にもしないこともありますので、健康のバロメーターとしての働きもあると思っておいたほうがいいかもしれません。

どのような状態を朝にたっていると言われているのかわからなかった人も、そのメカニズムについて少しはわかったのではないでしょうか。

これまでわからなかった人も、自分の体の中で起きていることも理解できたと言えるかもしれません。